ヒジリコバジリコ

史上最強こじれ女子からの脱却大作戦

プロフィール

いじめられてよかった。結果私はレベルUPした。

投稿日:2018-05-16 更新日:

ヒジリコです。

私の黒歴史
それは中学時代のいじめの話。

昔はかなり暗かった私。

これを書くのは勇気がいったのですが
過去にいじめを受けたことのある人や
トラウマになっている人に
少しでも私の様に考える人間もいるよ!
って伝えたくて、書いています。

 

私は中学2年生、14歳の秋ごろ
約半年間クラスでいじめられていました。

今までの人生を振り返って
つらかった時期ベスト3に入る
出来事の1つです。

 

こうやって記事にするのに
思い出していたら泣きそうになるし、
胸のあたりがぐんとなります。

 

でも、でもね、
いじめにあったおかげで
私は大きく成長できた。
あれは人生のレベルあげだった。
ダンジョンに入っただけだったって
今なら思えます。

 

【きっかけは本当に些細なこと】

 

私が通っていた中学校では
毎年秋にクラス対抗の「合唱コンクール」があり、
市民会館で発表会をするんです。

 

その為2学期に入ると
クラス全員で合唱練習を始めます。
私は少しピアノが弾けたので
各パートの音を取る係(通称:音取り)
を任されることに。

 

音取りをしながら
日々練習をしていると

 

私は、とある女子の標的になりました。

 

彼女はある日
私の態度が気に入らなかったらしく

 

なんかムカつく

 

と言い出しました。

 

直接言われたというより、
私に声が聞こえる様に

 

なんかムカつくんだよねぇぇぇ

 

という会話が彼女を囲んだ数人で
繰り広げられていました。

 

直接ケンカしたわけでもないし
私の何がムカついたのか
理由は全くわかりませんでした。

 

態度だったのかもしれないし
ちょっと嫌われるような事を
もしかしたら
言ってしまったのかも知れません。

 

恐ろしくて原因は聞けませんでした。

 

その彼女 Aちゃんは
割ときつい性格で派手な子だったので
ちょっと恐いなと思うことはあったけど
当時流行っていた映画のビデオテープを
貸してくれたりして
クラスメイトとして仲良くしていました。

 

でも、《なんかムカつく。
と言われた次の日から

私はAちゃんからも他の子からも
そして誰からも
話しかけられなくなりました。

 

集団無視 でした。

 

 

 

【孤独の日々】

 

14歳の私はとても地味で
特に男子にはほぼ話しかけられなかったので
結果的に女子、男子、クラス全員と
話すことはなくなっていきました。

 

「おはよう。」  が言えない。

「おはよう。」 が口から出てきませんでした。

 

人と目を合わせるのが
恐くなりました。

 

声を出そうとすると
胸が苦しくて
わけがわかりませんでした。

 

朝学校に行ったらそのまま机に座り、
授業を受け
休み時間はただただ時間が過ぎるのを
どうにかして待ちました。

 

15分が恐ろしく長く感じました。

 

廊下をウロウロしたり
行く必要のないトイレに行ったり
読みもしない教科書を読んで
予習復習をするふりをして
どうにか過ごしました。

 

いちばん嫌だったのは
お昼休みでした。

 

給食の時間が終わると
私は真っ先に校舎の奥の階段を降りて
地下にある図書室に
行きました。

 

私…そんなに読書
好きじゃなかったんです。

 

本当はもっと友達と恋愛話して
キャッキャ言いたかったんです。

 

でもそんなんが出来なかったから
毎日、私は図書室に行きました。

 

図書室はいつも
ドアに鍵がかかっていて
図書委員の子が休み時間に
開けに来てくれるまで
地下の薄暗い廊下で待つしか
ありませんでした。

 

廊下で待っている時間が
死ぬほどイヤで

寒くて、暗くて、より一層
気持ちを落ち込ませました。

 

さびしい。
ここにいたくないのになって。

 

 

【結果:ヒジリコはレベルUPした】

 

おはようが言えず
誰かに話しかけることもできず
親に相談することもできなかった私は

 

家に帰るとすぐ玄関から階段をあがり
二階の自分の部屋で
ベッドの上に座って
吐きだすようにノートに言葉を
書きなぐるようになりました。

 

本当は友達に話しかけたくて
周りの会話に入りたくて
でも出来なくて
相手をジロジロ見てしまい
ただただ人を観察しては
また家に帰ったら言いたかったことや
つらい気持ちをノートに書いて
自分と会話するようにしました。

 

音楽に没頭し
貪るようにアーティストのインタビュー雑誌を
隅から隅まで読んだので
読書もするようになって
人の話を聴くのが好きになりました。

 

いじめは、良くないことです。
でもいじめは、私を強くしてくれました。

 

時間は過ぎて行きます。

 

状況は、絶対に変わります。

 

結果、私はレベルUPしました。

 

人間観察はもはや趣味だし
人の気持ちがわかるようになった。

心理学、哲学、人間関係、コミュニケーション
知識がどんどん増えていきました。

 

今はありがとうと言いたい。

Aちゃん。私のメンタルを強くしてくれてありがとう。

もう会いたくないけど 笑

 

こうやってブログのネタに
なってるんだ。最高じゃないか。

 

ザマァみろ\(^o^)/ウェイウェイ

-プロフィール
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

バカにしていた[夢リスト100個]を改めて書いて公開します

33歳。アラサー女 ヒジリコです。   起業したいとか自分でビジネスを始めたいと少しでも思ったことがある人なら、一度は聞いたことがあるだろう [夢リスト]   成功したいならまず …